神奈川県道路公社、日立などと共同で「ワンストップ型ETC」導入に向けた社会実験を実施 有料道路で国内初

TOKYO, Feb 14, 2020 - (JCN Newswire) - 神奈川県道路公社(本社:横浜市中区、理事長:安西 保行)は、首都高速道路株式会社、アマノ株式会社、株式会社日立製作所、首都高ETCメンテナンス株式会社、三井住友トラストクラブ株式会社と共同し、新しいキャッシュレス決済システムである「ワンストップ型ETC」※2の導入に向けたモニターによる社会実験を、本町山中有料道路(現在は現金・回数券による支払)にて、2020年3月23日(月)から行います。

「ワンストップ型ETC」は、ネットワーク型ETC技術※3を活用し、ETCカードの情報等を用いてキャッシュレス決済を可能とするものであり、本格的に導入されれば、キャッシュレス社会の実現に寄与する技術です。

また、本社会実験に先立ち、2020年2月14日(金)から、ご協力いただけるモニターの方を先着50名募集します。社会実験期間中、モニターの方は従来通り、料金所で一旦停止が必要となりますが、キャッシュレスでスムーズな料金支払いが可能となります。

実施期間:2020年3月23日(月)10:00から同年5月21日(木)15:00まで
モニター募集:先着50名
場所:本町山中有料道路料金所上下1レーンずつ(神奈川県横須賀市)
概要:キャッシュレス決済時の料金所通過時間の計測やモニターアンケート等から、「ワンストップ型ETC」の導入効果を検証します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/02/0214a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02