TOYOTA GAZOO Racing、2020年の活動計画を発表

Toyota City, Japan, Feb 7, 2020 - (JCN Newswire) - TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、レーシングカンパニーとして、モータースポーツ活動を「もっといいクルマづくり」の根幹に据え、その活動から生まれた商品の開発からGR Garageを中心とした販売拠点の設置まで含めて、一貫してクルマファン層を拡げる活動を推進してきました。

2019年は、ダカールラリー総合優勝を皮切りに、FIA世界耐久選手権(WEC)では、チーム&ドライバーズタイトル獲得とル・マン24時間レース2連覇を達成。FIA世界ラリー選手権(WRC)ではドライバー&コ・ドライバーズタイトルを獲得し、国内のSUPER GT、全日本スーパーフォーミュラ選手権でのチャンピオン獲得、全日本ラリー選手権でのクラスチャンピオンと、国内外において、「モータースポーツのトヨタ」を印象付けられるような飛躍の年となりました。2020年もこの結果に甘んじることなく、クルマの持つ「夢」や「感動」をより多くの人々にお届けできるよう、国内外の様々なモータースポーツ活動に取り組んでいきます。

WECでは、TS050 HYBRIDでの最後の参戦となる2019-2020年シーズン、ル・マン3連覇を目指します。また、9月から始まる2020-2021年シーズンでは、現在開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとしたレーシングカーにてル・マン ハイパーカー(LMH)クラスに参戦予定です(参戦体制は後日発表)。WRCでは、ドライバー&コ・ドライバーの体制を一新。11月には10年ぶりにラリージャパンが愛知県・岐阜県で開催され、参戦を予定しています。SUPER GTでは、スープラが15年ぶりにGT500クラスに帰ってきます。さらに、ドライバー育成では、世界で活躍できる日本人レース&ラリードライバーを育成するため、既存の各プログラムを統合・発展させたTGR-DC(TGRドライバー・チャンレンジ・プログラム)を推進していきます。また、スーパー耐久に参戦するROOKIE Racingに車両を供給し、様々なドライバーが乗るプライベートチームの目を通して得られたノウハウを商品開発にフィードバックしていきます。

商品については、GRシリーズグローバルモデル第2弾として新型車GRヤリスを、東京オートサロン2020で世界初披露しました。GRヤリスは、「トヨタ純正のスポーツカーを取り戻したい」という想いで、マスタードライバーのモリゾウこと社長の豊田 章男が、開発初期から自ら評価・テストを行なったクルマです。これまでのWRC参戦で蓄積してきた知見を注ぎ、お客様にスポーツ4WDの楽しさを感じていただけるクルマを目指しました。TGRはこれからも、モータースポーツの知見を商品開発に繋げ、GRシリーズの更なる拡充を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31510121.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02