三菱重工サーマルシステムズ、豪州におけるエアコンの最優秀ブランドに認定

TOKYO, Dec 20, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、豪州現地法人のMitsubishi Heavy Industries Air-conditioners Australia, Pty. Ltd.(MHIAA)を通じて、同国最大の消費者団体であるCHOICE(R)(Australian Consumers Association:豪州消費者協会)から2年連続で表彰されました。「AVANTI PLUS(R)」「AVANTI(R)」「BRONTE(R)」シリーズ(注1)など豊富なラインアップを有する豪州市場向けルームエアコン(スプリットシステムエアコン(注2))が一般ユーザーから高い評価を受け、実質的に消費者による最優秀ブランド認定を獲得したことになります。

最優秀ブランドは、140台以上のルームエアコンを対象とした12ヵ月間におよぶ実績値の調査結果と、CHOICEの会員7,738人を対象に毎年実施される「信頼性と満足度」のアンケート調査に基づき認定されるもので、テスト期間中、競合他社に対し明らかな優位性を有する企業に贈られる賞です。総合ベストブランドスコア79%で他社を圧倒し、2018年に続き今年度もエアコン・最優秀ブランドとして認定されました。

CHOICEは、消費者団体としては60年近い歴史を誇り、20万人を超える加入者を有しています。消費者の利益拡大を掲げて、消費者が自信を持って製品やサービスの選択ができるよう十分な情報提供に力を注いでおり、資金援助等を排除した独立・透明性ある活動を展開しています。その評価基準は豪州の流通市場で強い権威があります。

MHIAAの伊藤雄司社長は次のように述べています。「今回、お客様に対するアンケート結果として満足度91%と信頼度88%という高い評価を得られ、2019年のエアコン部門における最優秀ブランドとして認定されました。2018年に続く2年連続受賞は、三菱重工サーマルシステムズがオーストラリア市場に高品質で信頼性の高い製品を提供していることを際立たせる結果であると考えています。MHIAAは、今後も高性能、高品質、そしてお客様の期待を超える製品を提供していくことをお約束します」。

MHIAAは、2009年に豪州における空調機器の販売サービス拠点として設立。シドニーに本社を構え、豪州各地およびニュージーランドに支店を持ち、市場に密着した販売サービス活動に取り組んできました。今回の栄誉には、製品性能に加えこうした継続的な努力の成果も反映されているものと受け止めています。

三菱重工サーマルシステムズは、今回の受賞を励みとして、一人ひとりのお客様に寄り添った技術・製品開発に取り組み、特長である冷熱事業領域の広さを生かしたシナジーによる統合技術力で、お客様の多種多様なニーズに応じた最適なサーマルソリューションを提供していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/191220.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02