NECソリューションイノベータ、「ICTを活用した生ごみ分別の参加状況可視化実験」が「ベストナッジ賞」を受賞

TOKYO, Dec 26, 2019 - (JCN Newswire) - NECソリューションイノベータ株式会社(以下、NECソリューションイノベータ)とアミタ株式会社(以下、アミタ)による「ICTを活用した生ごみ分別の参加状況可視化実験」が、環境省が主催する令和元年度「『ベストナッジ賞』コンテスト」において、ベストナッジ賞を受賞しました。

「『ベストナッジ賞』コンテスト」は、幅広い分野の社会・行政の課題の解決に向けて、ナッジ(注1)等の行動科学の理論・知見を活用して行動変容を促進し、効果を測定した実績のある取り組みを表彰するものです。

「ICTを活用した生ごみ分別の参加状況可視化実験」は、2018年8月から11月まで、NECソリューションイノベータおよびアミタが資源循環の高度化を目的に、宮城県南三陸町においてNECソリューションイノベータが取り組んでいる「感謝の研究」(注2) をベースにしてナッジの手法を用いて実施したものです。今回の受賞では、取り組みの新規性、社会的意義や行動科学の適切性等が評価されました。

NECソリューションイノベータとアミタは今後も、蓄積した資源回収データやナッジをはじめとした行動経済学などの知見を活用したサービスの実装を目指し、ICTで資源循環の高度化を推進して、サーキュラーエコノミーの実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20191226/index.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02