三菱自、軽ハイトワゴン『eKクロス』がオートカラーアウォード2019で特別賞を受賞

TOKYO, Dec 20, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)の軽自動車『eKクロス』が、オートカラーアウォード2019*で特別賞を受賞しました。(日産『デイズ』と同時受賞)

*一般社団法人 日本流行色協会が主催

三菱自動車がオートカラーアウォードで受賞するのは、1998年の第1回で『ギャラン』『レグナム』のトリガーモーブパープルで審査員特別賞を受賞以来、2回目となります。今回オートカラーアウォード2019の受賞対象となるカラーデザインは下記の3種類です

車種:eKクロス
(1)エクステリア:サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド
(2)エクステリア:ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック
(3)インテリア:ブラック&タン

●受賞理由
「この2つのカラーデザインは、2つの企業の境界を超えたコラボレーションである。形のデザインが共通でありながら、CMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)によって、まったく違うターゲットユーザーに向けたデザインを実現した。“プロジェクトシェア”の先駆けをみせたものとして、高く評価できる。」

●当社担当デザイナーコメント
「オートカラーアウォード第1回目以来の受賞が、アライアンスとして日産とのダブル受賞となり大変嬉しく思います。eKクロスのカラーデザイン開発では、アクティブでプレイフルな世界観を色や素材で表現する為に、様々な試みにチャレンジしました。更に今回は日産と多くの部品を共通に使いながら、車の世界観を変えることが求められ、その実現にCMFの役割が必要不可欠なものでした。今後もCMFが持つ力を最大限発揮して、お客様を笑顔にできる表情の豊かなカラーデザインをお届けしたいと思っています。」

■オートカラーアウォード概要
モビリティのカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度で、1998年からはじまり今年で22回目です。
https://www.jafca.org/seminarandevent/20191219.html

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5399.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02