JTB・ANA・富士通、発達障がいのある子どもたちのためのサッカー観戦交流イベントが「IAUD国際デザイン賞2019」で金賞を受賞

TOKYO, Dec 23, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社JTB(代表取締役 社長執行役員:髙橋 広行、本社:東京都品川区、以下「JTB」)、全日本空輸株式会社(代表取締役社長:平子 裕志、本社:東京都港区、以下「ANA」)、富士通株式会社(代表取締役社長:時田 隆仁、本社:東京都港区、以下「富士通」)の3 社が、7月27日(土曜日)、28日(日曜日)に先導的共生社会ホストタウンである川崎市とともに企画・実施した、発達障がいのある子どもたちのための「川崎フロンターレ対大分トリニータ戦」におけるサッカー観戦交流イベントが、一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(注1)主催の「IAUD国際デザイン賞(注2)2019」UX(User Experience)デザイン部門で金賞を受賞しました。

本取り組みで、スポーツとユニバーサルツーリズムをテーマに、発達障がいのある子どもたちにスポーツ観戦やスポーツ体験などの機会を提供することにより、心のバリアフリーの普及、合理的配慮の概念の浸透を推進したことが評価され、金賞を受賞しました。

JTB、ANA、富士通の3 社および川崎市は、今後、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)との連携をさらに強化し、他の自治体や地域へと展開範囲の拡大も図っていくことで、誰もが暮らしやすい共生社会の実現を目指していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/12/23.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02