三菱重工業、ミャンマーのヤンゴンに駐在員事務所を開設

TOKYO, Dec 2, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱重工業のシンガポール現地法人であるMitsubishi Heavy Industries Asia Pacific Pte. Ltd.(MHI-AP)は、ミャンマーのヤンゴンに12月1日付で駐在員事務所を開設しました。同事務所は、アジア太平洋(APAC:Asia-Pacific)地域で高い成長可能性を持つ新興経済国ミャンマーにおいて、三菱重工グループのビジネスネットワーク強化に力を注いでいきます。

MHI-AP ヤンゴン事務所は、当社グループの主要顧客および顧客候補とのパートナー関係を強化・確立すること、ならびにビジネス拡充につながる情報収集に重点的に取り組んでいきます。所長には柴田 健が就任しました。

柴田所長は、次のように述べています。「ミャンマーでは、経済改革の成功を受けて、実質GDP成長率は6%以上の高水準で推移しています。この急速な成長は、それに相応しい社会基盤整備に支えられる必要があり、三菱重工は幅広い投資機会に参加できることに期待しています」。

また、当社の常務執行役員でアジア・パシフィック総代表 兼 インド総代表を務める花沢 芳之MHI-AP社長は、次のように期待を示しています。「APAC地域の発展・都市化が進むこの重要な時期に事務所を開設することは、三菱重工グループがAPACの持続的な成長を継続的に支援することを表明したものであり、三菱重工グループのAPAC地域における拡大戦略の一環となります。ミャンマーのステイクホルダー間を結ぶ架け橋として、同国内だけでなくより広いAPAC地域での活動強化機能を果たしてもらいたいと思います」。

当社は、MHI-APと緊密に連携しながらヤンゴン事務所の活動を全面支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/19120201.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02