マツダ、「ボンゴブローニイバン」を一部改良して販売開始

マツダ株式会社は、長尺な荷物も収納できる積載性や安定した走行性能、優れた環境・安全性能を兼ね備えた商用バン「ボンゴブローニイバン」を一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて本日より販売を開始します。

今回の一部改良では、新たにアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」*1を採用。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」*2の「サポカーS・ワイド」*3に、全車が該当しています。

また運転席のメーター内に4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイや、周囲の明るさでヘッドランプの点灯を自動で切り替える「オートライトシステム」を採用するなど、視認性や利便性を向上。これらの改良により、お客さまの安心・安全な運転をサポートします。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202006/200625a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。




Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02