Prance Gold社がアジア太平洋地区用の事務所を中国深セン市に開設

Prance Gold Holdingsは最先端技術に軸に幅広い事業内容を展開しており、デジタル資産保有者の方々へ資産価値増大の機会を提供いたします。異なるタイプのデジタル資産に分散投資を行なう同社は、この度アジア太平洋管轄オフィスを最新技術の集積地として名高い中国の深セン市に開設し、今後も引き続き世界中のお客様に継続的な成長をお見せしたいとの事です。

Prance Gold社は当初、Zoom(遠隔ソフト)を通して3000人を超える視聴者を対象に5月23日付で仮想空間に最新のオフィスを起ち上げました。ここでの仮想ツアーを通じて、成功への強い信念を持って仕事に日々取り組んでいる同社の社員達をご紹介しました。更にここでは、今後も継続的にお客様保有のデジタル資産を増やして頂くためのサポートを供給し続けるとの誓いをあらためて強調されました。結局のところ、深セン市に開設したリアルの事務所は同社の大きな成功への確信の表明だと思われます。

この会社は永遠に変化し続ける風景が当たり前のデジタル世界において非常に素早い適合を果たしました。事実、Prance Gold社はあらゆるビジネスの遂行手順、ビジネスモデル、ドメイン、さらには社風と言ったものまで、全てデジタル化に成功しました。更に今後の展望としては、取引ソフトの使い勝手や取引技術の向上を継続的にサポートする分野の革新的な発展を視野に入れています。

Prance Gold Holdings社のCEO Andre Gerald氏は、「我々の Prance Gap-Optimizing-Local-Digitalization (GOLD) アルゴリズム (PGA)は仮想通貨取引の世界で最も切実に求められてきたボット(=インターネット上で自動化されたタスクを実行するアプリケーションソフトウェア)のひとつです。この高速ボットは特に複数の取引所にまたがる三方向の裁定取引のために開発されました。このPGAは日々変化し続けるデジタル市場に順応しかつテコ入れするためには最適のボットです。」と述べました。

コンスタントに経済状況が世界規模で変化し続ける現在においては、Prance Gold社のような投資のための基本ソフトを提供する会社は、価格変動の大きな市場に対処するための革新的な手法を編みださなくてはなりません。そこで同社は最新型の人工知能ボットを用いて、リアルタイムの取引情報を世界中の取引所から引き出し、集めて、分析することで、どのような経済情勢であっても、収益機会を提供してくれる裁定取引を生むペアを見つけ出しています。

不眠不休の労働環境から離れて、誰でもわずか一日7時間だけ各々所有のデジタル資産をPGAに預けるだけで、超高速の取引環境の利用が約束されています。ボットが貴方の代わりに取引してくれるのです。

深セン市オフィスの開設は、Prance Gold Holdings社にとっては、進歩的な将来へ向かって舵を切るひとつの通過点です。

Prance Gold Holdings社について

Prance Gold Holdings社の本社はSeychelles(セーシェル<東アフリカの国>)にあります。この会社の主軸のビジネスモデルは、各種貸付金の買付けおよびローンの種類と金額によっては利子の短期貸付業となっています。それと同時に、安定的かつ信用できるプロジェクト遂行のため短期資金調達先を必要とする企業(大会社)に対する資金貸出しも、実施しています。

情報元の連絡先

上記情報に関して何かございましたら下記Linda Fairbrother宛へご連絡下さい。 lindafairbrother@prancegoldholdings.com




Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02