慶應義塾大学とNEC、デジタル人材育成に向けた教育プログラムを共同開発

TOKYO, Jun 24, 2020 - (JCN Newswire) - 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(横浜市港北区、研究科委員長:西村秀和 以下、慶應SDM)と、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆 以下、NEC)は、NECのデジタルビジネスの加速に向けたデジタル人材育成のための教育プログラムを共同開発しました。これはデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要な思考・行動様式に関するトレーニングとなっており、従来NECが行ってきた専門技術領域のトレーニングとセットでデジタル人材育成に活用されるものです。

慶應SDMは、ものごとを俯瞰的かつ体系的に捉えるシステム思考と、ものごとを人間中心で考えて多様性を活かして新価値を創造するデザイン思考を融合したシステム×デザイン思考の研究・教育を実施するとともに、その実社会への実装を行っています。

一方、NEC は、生体認証、AI、クラウド、セキュリティなどの最先端のデジタル技術を用いて、お客様のデジタルビジネスの加速に貢献しています。

本教育プログラムでは、こうした両者が保有する学術的知見や先端技術を掛け合わせ、発展させることにより、さまざまな変化を見据えた社会課題解決に取り組み、新たな価値を創造していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202006/20200624_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02