三菱電機、再生可能エネルギーを有効活用する統合ソリューション提案を強化

TOKYO, Nov 15, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、自社ブランドの太陽光発電システムの製造・販売を2020年3月下旬を目途に終了、再生可能エネルギーを有効活用するZEH※1、ZEB※2、V2X※3などの製品・システム・サービスに注力し、低炭素社会の実現に向けた統合ソリューション提案を強化します。

また、ソリューション提案における太陽光発電システムに関しては、京セラ株式会社(京都府京都市)と、同社製品を当社事業で活用するパートナー連携を開始します。

事業内容の見直しの背景と今後の展開

再生可能エネルギーの主力電源の一つとして位置づけられる太陽光発電は、国内では2012年に固定価格買取制度(FIT制度)が導入されて以降、急速に普及しました。その一方、国内の太陽光パネル市場には多数の海外メーカーも参入し、主に業務用において競争が激化し、これまで当社が強みとしてきた製品の長期信頼性や狭小屋根への設置性などに対する市場評価が相対的に低下しています。

このような背景から、当社は自社ブランド太陽光発電システムの製造・販売を2020年3月下旬を目途に終了し、その経営資源を他の成長牽引事業群に活用するとともに、再生可能エネルギー分野においては、ZEH、ZEB、V2Xなどの当社がより強みを発揮できる分野に引き続き注力していきます。また、今後は関連する当社グループ内の事業連携により、再生可能エネルギーを有効活用する製品・システム・サービスの提供強化を図るとともに、その中で必要となる太陽光発電システムに関しては、高い信頼性が評価されている京セラ株式会社製品を当社販売ルートで紹介するなどのパートナー連携を強化していきます。製品・システム・サービスの提供を通じ、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適性」が両立する社会の実現を目指していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1115.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02