エーザイ、EZH2阻害剤タゼメトスタットについて日本以外の地域における売上ロイヤルティ受領の権利をRoyalty Pharmaに譲渡

TOKYO, Nov 5, 2019 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、抗がん剤として開発中のタゼメトスタット(一般名)について、日本以外の地域における売上に応じたロイヤルティ受領の権利をRoyalty Pharma(本社:米国ニューヨーク州)に譲渡する契約を締結したことをお知らせします。

タゼメトスタットは、Epizyme, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州、以下 Epizyme社)が創出したファースト・イン・クラスの経口EZH2阻害剤です。当社は、2015年3月に改定したEpizyme社との契約にて、日本におけるタゼメトスタットの開発、商業化を担うとともに、日本の売上に応じたロイヤルティをEpizyme社に支払うことが規定されています。一方、Epizyme社は、日本以外の地域における開発および商業化を担うとともに、開発の進捗および承認取得に応じたマイルストンペイメント、ならびに日本以外の地域における売上に応じたロイヤルティを当社に支払うことが規定されていました。

今回のRoyalty Pharmaとの契約では、日本以外の地域における売上に対するEpizyme社からのロイヤルティ受領の権利をRoyalty Pharmaに譲渡します。その対価として当社は、一時金110百万米ドルを受領します。また、米国において本剤の承認が取得された場合、最大220百万米ドルを受領する権利を取得します。

当社は、がん領域を重点領域の一つと位置づけており、がんの「治癒」に向けた革新的な新薬創出をめざしています。本契約によって得られた資金を含む経営リソースの有効活用により、最先端のがん研究に基づく創薬を加速し、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上により一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201981.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02