NEC、学校・事業者・家庭をつなぐ教育プラットフォームを来年度より提供開始

TOKYO, Nov 5, 2019 - (JCN Newswire) - NECは、教育系出版社等の学習コンテンツ事業者と自治体、学校、塾、家庭をつなぐNEC教育クラウド「Open Platform for Education」を2020年4月より提供します。本プラットフォームを通じて、教育のデジタル化に対応した学習者向けの教材・コンテンツならびに教員向けの授業支援ツールが利用可能になります。併せて、プラットフォームへ接続する文教向け学習用端末としてChromebookを商品化し、「NEC Chromebook Y1」の名称で11月5日より販売を開始します(注1)。

Society 5.0の実現に向けて、社会の様々な分野でデジタル化への対応が進む中、教育においても、ICTの活用をはじめとする教育改革が推進されています。本年4月の改正学校教育法の施行により、通常の教科書に加えデジタル教科書との併用が可能になり、2020年度には小学校を皮切りに改訂学習指導要領に沿った、プログラミング学習や外国語教育が導入されます。また、近年は学習支援アプリ、教員の授業支援ツールなど多くの教育サービスが開発・提供され、利用者が拡大しています。さらに、本年6月には学校のICT環境の整備を後押しするため、学校教育情報化推進法が施行されました。このように教育のデジタル化(エドテック)は急速に進んでおり、これに対応した製品・サービスの開発と普及に向けた利用環境の整備が求められています。

NECは、こうした新しい学びに対応するべく、NEC教育クラウド「Open Platform for Education」を構築するとともに、これに接続する学習用端末「NEC Chromebook Y1」を提供し、ソリューションからハードウェアまでフルレイヤーで教育のデジタル化を支えていきます。

1. NEC教育クラウド「Open Platform for Education」について
パートナーと連携してデジタル教科書・教材の配信や教員向けの授業支援・採点支援など様々なサービスを、プラットフォームを通じて提供していきます。具体的には、デジタル教科書をはじめとする教材の提供に向けて、教育系出版社約1000社との取引実績を持つ株式会社 日教販と協業していきます(注2)。さらに、コンテンツ事業者とも提携し、語学などを対象にした学習支援サービスを提供します。

また、近年、重要視されているアクティブラーニングに関連して、独自の指導・学習支援サービスである「協働学習支援サービス」(注3)がプラットフォームを通じて利用可能になります。

本プラットフォームは、使用するクライアントOS(注4)に左右されず、端末のログオンと各社教育クラウドサービスへのログイン時のID/パスワードが統一できるシングル・サイン・オンに対応しています。

2.「NEC Chromebook Y1」について
授業内容に合わせて4つの利用スタイル(注5)で柔軟に対応できる機能性と、防滴設計のキーボードとタッチパッドの採用や75cm落下試験をクリアするなど堅牢性を兼ね備えています。併せて、最長5年の保証サービスやバッテリ交換といった各種保守メニューや、設定代行サービスも用意(注6)し、国内メーカ製のChromebookとして端末一人1台時代に向けたNECならではのサポートも提供します。

NECは、社会課題解決につながる社会ソリューション事業に注力しています。引き続き、教育現場のICT環境の整備や教育専用端末の提供等を通じて、教育のデジタル化を推進することで、教員の働き方改革を支援していくとともに、Society 5.0時代における子ども達の新しい学びを支えていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191105_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02