三菱電機、「ダイナミックサイン」の国際標準化に向けた実証実験を実施

TOKYO, Aug 26, 2019 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、2019年8月29日から9月1日まで武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開催される車いすバスケットボール男子日本代表 国際強化試合「三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2019」の会場内で、床面などにアニメーションを投光することで、施設内の誘導や注意喚起などの動くサインを表示する「ダイナミックサイン」の国際標準化に向けた実証実験を行います。

今回の実証実験は、経済産業省から一般財団法人日本規格協会への委託事業「ダイナミック・サイニングに関する国際標準化」(国立研究開発法人産業技術総合研究所と当社の共同提案)の一環として行うものです。

当社は「ダイナミックサイン」の国際標準化を通じて、誰もがさまざまな施設を利用しやすくすることで、共生社会※1の実現と世界的な目標である「持続可能な開発目標(SDGs※2)」の達成に貢献することを目指します。

国際標準化に向けた活動の背景と内容
光のアニメーションを用いた動くサインによる施設案内は国内外で利用が始まっていますが、視認性やアクセシビリティー(利用のしやすさ)に関するガイドラインはありません。

当社は、駅やスポーツ施設などさまざまな施設やイベントで「ダイナミックサイン」の実証実験を行い、視認性やアクセシビリティーなどのデータを収集・分析し、各施設が抱える誘導に関する課題への解決方法としての有効性を確認してきました。これまで収集したデータから、視認性やアクセシビリティーなど「ダイナミックサイン」の条件を定義し、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で、ISO※3に国際標準化を提案しました。今回、この国際標準化に向け必要な活動の一環として、提案した規格に準拠したコンテンツを用いた実証実験を行います。

本活動は、日本から世界に向けた「ダイナミックサイン」に関する世界初の国際標準化活動となります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0826.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。




Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02