Honda、「FREED/FREED+」の改良モデルをホームページで先行公開

TOKYO, Aug 30, 2019 - (JCN Newswire) - Hondaは、10月18日(金)にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」に関する情報を、本日、ホームページで先行公開しました。

今回のマイナーモデルチェンジでは、フロントグリルやバンパーなどの変更を行うことにより、フリードの特長である「親しみやすさ」はそのままに、より洗練されたデザインへ進化させました。また先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備とし、新たに後方誤発進抑制機能を追加しました。さらに、クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長の新グレードCROSSTAR(クロスター)を追加し、遊び心と力強さを表現しました。

フリードは、2008年にコンパクトなボディーサイズと広い室内空間を備えたクルマとして誕生し、2016年のフルモデルチェンジでは、さらに広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現。5ナンバー車ながら、居住性や使い勝手の良さを兼ね備えた「ちょうどいい」クルマとして幅広い層のお客様からご好評いただいております。

FREED先行公開ページのアドレスは以下の通りです。
https://www.honda.co.jp/FREED/new/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/4190830.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com Via JCN Newswire https://ift.tt/2pbRN02